金属製の安心感!アテックスの指圧器は頼れる最強の肩こり解消グッズ!

ガジェット

仕事はデスクワークで移動中はスマホ、休日も大半はパソコンを開いている僕は当然肩こり持ちで、それはもう酷い状態だと思っています。同じようなライフスタイルを送っていて同じく肩こりに悩まされている方は多いのではないでしょうか。

きっとこの記事を開いている皆さんの中には「自分の肩は日本でも有数の硬さを誇っている」と自負するくらいに酷い方もいると思いますが、今日はそんな方のために僕が最近出会った完全無欠の肩こり解消アイテムをゴリ押しで紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アテックスの指圧器は最強の硬さを誇る神アイテム

今回僕が使い始めたのは「アテックス(ATEX) 指圧器 ルルド グリグリ ブラック」です。

レビュー評価が良く、値段はだいたい1,000円前後でしたので失敗しても大したダメージはないなと思って即買いしてみましたが、これがまた最高の出会いでした。具体的にどこが良かったかを書いていきたいかと思います。

金属製の硬いボディでしならない

アテックス(ATEX) 指圧器 ルルド グリグリ ブラック

そもそもレビューに多々登場する「硬い」「しっかりしている」という言葉が決め手になって購入しましたが、実際に使ってみて納得。これは本当に嘘偽りなく「こんなガッチガチの指圧器見たことない」とビックリしました。

よくあるプラスチック製の指圧器ってしなりませんか?テコの原理でグッと押し込もうとする事で生まれるこの若干のしなりが物足りなさを感じさせるんです。そうなると腕の力でギュッと上から押し込む形になりますが、これがまた疲れて長続きしません。

一方この商品はアームの部分が金属製ですのでテコの原理でグイグイ押すことが可能です。プラスチック製の軟弱な商品では届かなかった領域にも軽々と到達しますので、今までの指圧器では感じたことのない気持ちよさを得ることができました。持ち手もグリップ性になっているので滑りませんし、カバーされている部分が多いので両手で持っても十分ゆとりがありました。

「そうそう、これだよ!」「もっといける!グイっと!!」

そうやって思わずやりすぎてしまう事もありますが、それでもしなる気配さえありません。気づけば30分以上経過していたなんて事もありますので、くれぐれも揉み返しが来ない程度に使用してください。

腕の力がなくてもOK

この製品はある程度の長さがありますので、リーチが短い製品によくある肩甲骨まで届かない、何とか腕力で押し込むしかない問題が発生しづらいと思います。

前述したプラスチック製のしなり問題と合わせて指圧器は腕力にものを言わせて押し込むイメージでしたが、リーチの長さとボディの硬さのおかげでかなり楽に使えています。重量も200gとかなり軽いですし、肩に担いで使う事が多いと思いますので、女性にも扱いやすいと思います。

2つの突起でツボ押し効果

アテックス(ATEX) 指圧器 ルルド グリグリ ブラック
一部モザイク処理あり

この指圧器には2つの突起が搭載されていて、いろいろなツボに押し込むことが可能です。まず一つ目は持ち手側の先にある部分は方の鎖骨付近など身体の前側を押すことに適しています。意外と足つぼを押すことにも向いているのに驚きましたが、これも金属製の硬いボディのおかげだと思います。

もう一つはヘッド部分にある小さい突起で、これがあることによって気持ちよさが倍増している気がします。ちなみにこのヘッド部分は金属製ではなく、プラスチックに塗装されているだけみたいです。軽量なのはこうした工夫のおかげなのでしょうか。

リーチが長いので肩に限らず腰から背中まであらゆる部分に使えていますが、加えて持ち手側の突起を使う事でほぼ全身くまなく押すことが出来ると思います。

今までの指圧器に満足できなかった人は即買い推薦!

肩こりに悩まされていない日本人はいないと言われるくらいの肩こり社会ですが、その中でも特に酷いと自覚している自分でも満足できました。

ただ、力が強くなるので初めての指圧器として購入した場合痛くて失敗する可能性もありますので、あくまでヘビーユーザー向けという認識の方がいいと思います。

この記事を書いた人
飲めないヒグマ

関西在住のブロガー・ライター。ガジェットやウェブサービス、ファッションやグルメなど好きなものは多い。趣味は料理と食べ歩き、カフェ巡り。お酒が飲めないのがコンプレックス。

飲めないヒグマをフォローする
ガジェット
スポンサーリンク
omulife