Google音声入力をWordPressの編集画面やブログで使用可能にする「VoiceIn」という拡張機能がヤバイ!

ライフハック

音声入力の精度は日々進化していて、とうの昔に実用レベルにまで達しており、ブログ程度であればほとんどキーボードを叩かずとも更新できるようになりました。

音声入力ソフトにも種類がありますが、僕にはGoogle音声入力が一番相性が良いので以前から愛用しています。ただしこの機能をPCで使う場合「Googleドキュメントの機能」として扱われているので、利用したい場合は基本的にGoogleドキュメントを立ち上げる必要があり、そこだけは面倒だなと思いながら使用していました。

厳密にはスマートフォンのキーボードアプリ「Gboard」などを利用することで音声入力をすることは可能ですが、個人的には音声入力は周りに人がいないプライベートな空間で使用することが多いので、外出先で利用することが多いスマートフォンではなくPCで利用したいのが正直なところです。

ところが今回その常識が崩れてしまう拡張機能に出会ってしまったので、それも含めて僕の最強音声入力環境を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Google音声入力を強化する「VoiceIn」

「VoiceIn」はウェブサイト上の好きなテキストボックスに音声入力を可能にするChromeの拡張機能です。

この拡張機能の一番の注目ポイントは「Googleの音声認識エンジンを使用している」点で、これによりGoogleドキュメントの機能でしかなかった音声入力機能を他のサイトへ持ち出すことが可能になりました。愛用者からするとこれは革命です。

Googleドキュメントで入力して任意のサイトにコピペするという工程が無くなるだけで作業効率が変わりますし、何よりスマートさが違って気持ちが良いです。

インストール方法

ダウンロードページChromeに追加ボタンから拡張機能をインストールします。

Voiceinのアイコンを選択

右上の拡張機能欄に追加されたマイクのアイコンを右クリック→オプションを選択するか、その他ツール→拡張機能からVoiceinを見つけて詳細→拡張機能のオプションで設定画面に移行します。一番上に言語の設定がありますので日本語に変更しておきます。

使い方

起動方法は任意のテキストボックスを開いてマイクアイコンをクリックするだけです。話した内容は上部中央に表示された後に入力されます。次にマイクアイコンをクリックするのが面倒な方に向けてショートカットの機能を紹介します。

chrome://extensions/shortcutsにアクセスすると各拡張機能のショートカットを設定する項目が出てきますので、その中からVoiceinを見つけます。Voiceinの欄の「拡張機能を有効にする」の隣が起動させる際の設定ですので、自分の一番使いやすいものを設定してください。

音声入力でネックになってくるのが句読点の存在ですので、できれば「、」「。」の入力についても考えた位置のキーを割り当てたほうが良さそうです。

Windows10で最強の音声入力環境を整える

Voiceinを導入することで音声入力環境は劇的に快適なものになったと思いますが、もっと上を狙えます。ここで実際に毎日音声入力を使っている僕の「最強の音声入力環境」を教えたいと思います。

ショートカットはマウスのボタンに割り当て

音声入力を使っていると、テキストボックスの色々な所に行ったり来たりしますので、矢印キーよりはマウスで移動することの方が多くなると思います。その場合、キーボードでショートカットを入力しているとひと手間かかることも少なくないので、マウスの各ボタンにショートカットを登録できる「MX Master 2S」のホイール下ボタンで起動できるようにしています。同モデルの最新機種「MX Master 3」など、ボタンにキーボードを割り当てられるマウスなら他のものでも大丈夫だと思います。

音声入力は認識から入力までワンテンポありますが、ショートカットボタンをポンと押すだけで強制的に入力させることが可能なのも魅力です。ただし両手をキーボードに固定して「音声入力専用ホームポジション」みたいな使い方をする場合はキーボードで起動する方が良いと思います。

マイクは身体に固定できるものを選ぶ

マイクの性能にこだわりは特にありませんが、邪魔になったりすると困るので体に固定できるものを選ぶ方がいいと思います。当時一番安かったエレコムの「HS-MC06BK」を選びましたが、1年以上使っても特に不具合なく快適に使えています。

具体的な使い方例

左手で「、」「。」とEnterキーを準備し、右手はマウスという使い方をしています。音声認識が遅い場合や句読点を打ちたい場合はマウスで強制入力してスピードも向上。バックスペースやスペースキーも普通に届きますので不自由ないと思います。

まとめ

音声入力を活用できれば恐ろしいほどに作業効率がアップしますのでオススメです。ちなみにこの記事も9割以上は音声入力で書いていますし、お仕事で納品する記事も音声入力で済ましてしまうことが多いです。タッチタイピングができないとWebライターになれない時代は終わりました。

この記事で紹介した方法以外にも色々な使い方ができるかと思いますので自分が一番使いやすい方法を模索してみると面白いと思います。

この記事を書いた人
飲めないヒグマ

関西在住のブロガー・ライター。ガジェットやウェブサービス、ファッションやグルメなど好きなものは多い。趣味は料理と食べ歩き、カフェ巡り。お酒が飲めないのがコンプレックス。

飲めないヒグマをフォローする
ライフハック
スポンサーリンク
omulife