自分でバリカンして美容院代節約!セルフバリカン歴10年がコツを教えます!

ライフハック

僕はちょうど学生時代にツーブロックが流行り始めた世代です。その頃はまだ先生達にも認知されていなかったのか、校則で禁止されるような事もありませんでしたが、当時から現在に至るまでずっと付きまとう問題があります。

「ツーブロックってすぐ伸びるじゃん!この為にもう美容院行くの?」

そう、ツーブロックは短く刈り揃えるので伸びた際に目立ちやすく、本来なら3ヶ月スパンで美容院に行っていた人も1ヶ月くらいでお直ししたくなるんです。そこに気付いてからすぐに3,000円ほどのバリカンを購入してセルフバリカンを始めました。

狩り上げる長さや範囲で失敗したり勝手にアレンジしてタラちゃんになったり繰り返している内に気付けば10年ほどの刈り上げヤーになりました。今では失敗することはなくなっています。

今回はそんなセルフバリカンガチ勢の僕がオススメする刈り上げアイテム2つとちょっとしたコツを伝授します。

スポンサーリンク

セルフバリカンに役立つオススメアイテム

パナソニック ER-GF81-S

刈り上げるならまずはバリカン!という事で、オススメのバリカンを紹介します。おそらくバリカンについて調べるとこの商品が上位に出てくることが多いと思いますが、現状これ以外選択肢がないくらい素晴らしいバリカンです。

僕が使っているのは旧モデルのER-GF80-Sですが、もう5年以上使っています。壊れる気配は全くありませんし電池持ちもかなり良くて使いやすいです。水洗いも出来ますし刃を取るのも簡単なのでメンテナンスは楽々です。

おまけに慣れるとヘアカットまでできてしまうので、これを買ってから床屋や美容院に行っていないという人もいるみたいです。間違いなく至高のバリカンだと思います。

ヘアバンド

刈り上げライフに革命を起こしてくれるアイテムは意外にも1000円以下で購入できるアイテムでした。これを手に入れてから「美容師さんが作ってくれた刈り上げライン」を侵してしまう事が無くなりました。

使い方は刈り上げ部分に被さっている毛をギュッと上に上げてしまうだけです。残った短い毛の部分を借り上げるだけでOKです。やってみると簡単すぎてあっけないです。

細かく言えばミリ単位でカーブを描くように刈り上げてくれる美容師さんも多いと思いますが、個人的には正直バーっとやってしまっても気になりません。

あったら便利なもの

必須ではありませんが、あったら便利なアイテムもあります。

サイクロン掃除機

ダイソンなどのサイクロン掃除機があるとかなり便利です。パック式のものだと固い髪が突き抜けてウニのようになってしまう可能性がありますし、何より大量の毛が出るので気軽に捨てられるサイクロン型がオススメです。

最近は安価なものも出ているので持っていない方は検討してみると良いと思います。

カット用ハサミセット

「あ、この飛び出てる毛が切りたい」みたいな時にバリカンで刈るのは事故率があまりにも高すぎるので、カット用のはさみがあると非常に便利です。

いわゆるシザーというものですが、これに関しても唯一無二の商品がありますのでレビューを見て下さい。切れ味スッパスパでさびにくい素晴らしいはさみだと思います。

セルフバリカンのコツ

最後に、大層なアドバイスができる訳ではありませんが、セルフバリカンをする上で失敗しづらくなるコツを記しておきます。

最初は長いアタッチメントから始める

サイド、バックどちらにも言える事ですが、いきなり短いミリ数で刈り上げてしまうとテンションだだ下がり、鏡を見ると「やってしもた」と言いたげな男と目が合うとこになります。

そんな事は出来るだけ回避したいので、バリカンのアタッチメントは長いものから使用して一通り刈り上げてから状態をチェックするのがオススメです。僕も慣れていない頃は12㎜から3㎜まで少しずつ様子を見て刈っていました。

すくいあげるように刈る

慣れてきたらすくい上げるように刈ると被さっている髪と馴染むので意識すると良いかも。失敗したら全部刈っちゃえばいいだけなので気軽に練習してください。

失敗しても気にしない

「ツーブロックはすぐに伸びるからもったいない」という下りで始まりましたが、同じく失敗しても髪はすぐ伸びますのでどんどん失敗して良いと思います。被さっている毛が伸びて美容院に行く頃には気にならなくなっていると思います。

この記事を書いた人
飲めないヒグマ

関西在住のブロガー・ライター。ガジェットやウェブサービス、ファッションやグルメなど好きなものは多い。趣味は料理と食べ歩き、カフェ巡り。お酒が飲めないのがコンプレックス。

飲めないヒグマをフォローする
ライフハック
スポンサーリンク
omulife