「寝たまんまヨガ」で瞑想しながら眠れない夜でも寝落ちしよう

ライフハック

次の日仕事だから早く寝なきゃいけない。

けれどあと少しと思いつつスマホを触ってしまったり、考え事をしてしまって寝付けなくなってしまうことが少なくありません。

そんなときに、私が使っているのは「寝たまんまヨガ」というアプリです。

「よし、寝るぞ!」と決めたらこのアプリの音声を流してスマホを手放すだけ。

実は、もし眠れなくても、睡眠をとったの同じくらいの疲労回復効果があるんだとか。

ついつい夜更かししてしまう人は、ぜひ試してほしい「寝たまんまヨガ」についてお話します。

スポンサーリンク

「寝たまんまヨガ」ってどんなアプリ?

『寝たまんまヨガ 簡単瞑想』は、全国展開のヨガスタジオ「スタジオ・ヨギー」のエグゼクティブ・ディレクター 、キミが監修したスマホアプリ。
ヨガニドラーというガイド瞑想の手法を用いて、心身に深いリラクゼーションをもたらします。
Stugio yoggy公式ページより引用)

「寝たまんまヨガ」は全国26ヶ所にスタジオを構える「studio yoggy」が監修したアプリケーションです。

「寝たまんまヨガ」とはつまり「ヨガニドラー」のことで、アプリの音声に従うことで「ヨガニードラ」という一種のヨガを体験できるというものです。

1時間の「寝たまんまヨガ」で4時間の睡眠をしたことと同じくらいの疲労回復効果があったり、深い睡眠を簡単に体験できるそうです。

ここまで聞いて、私も最初は半信半疑でした。

そもそも瞑想とかも試してみたけど「何も考えない」とか「無我の境地」みたいのは全然感じたことがないタイプ。

まあ無料だし、寝る前に音声聞くだけで用意するものも無いし、「とりあえずやってみるか」程度の軽い気持ちでやってもらったらいいと思います。

もちろん、合う合わないはあると思います。ただ、私は「瞑想って何?」状態でしたががっつりハマりました

「寝たまんまヨガ」の本来の目的は、寝ているときと起きているときの間の「まどろんだ状態」を最後までキープすることです。このとき、究極のリラクゼーションといわれる脳波「シータ波」が出ています。「シータ波」が出ることで、記憶や潜在意識に関連する脳の海馬を活性化するニューロンの数が増えることが、研究によって明らかになってきました。

Stugio yoggy公式ページより引用)

公式ページの説明ではこんな感じです。つまりめっちゃリラックスしたらいいよね、って感じでしょう。

「ヨガニドラー」とは?

「ヨガニドラー」は「ヨガニードラ」とも言われますが、どちらも同じ意味です。

「ヨガニドラー」の「ニドラー」はサンスクリット語で「眠り」の意味。つまり「眠りのヨガ」という意味ですね。

「ヨガニドラー」は寝転がって仰向けで行うヨガです。

他のヨガと同じように鼻から息をすって鼻から吐く。鼻は呼吸の入り口です。(アプリの受け売り)

そして、全身を開放して、潜在意識へと働きかけ、さらには自分を開放する。…この辺りが胡散臭く感じてしまうんですよねえ。潜在意識とは?

ただ、このアプリに関しては、お金もかかっていないので、難しく考えなくていいと思います

高いお金かけてヨガ教室とか行くと、集中しなきゃ、このレッスンは一回3000円…とか考えちゃうので、初心者には無料くらいがちょうどいいですよね。

「寝たまんまヨガ」の使い方

「寝たまんまヨガ」の使い方はすごく簡単です。ズバリ、「アプリで音声を再生しながら、仰向けに寝転がって、音声の指示に従うだけ」。

まず、「よっしゃ寝るぞ」という気持ちを持ちます。

そして、アプリを起動して、聞きたい音声を選択します。ここで、私はいつも無料の「リラックス」の音声を選択しています。(決してお金を払いたくないとかそういうのじゃなくて、これが好きなんです!!!!!)

そして、再生ボタンを押します。

スマホの画面が明るくてチカチカしたままだと眠りにくいので、私は音声を流したまま、画面を消し、充電中のランプも見えないように伏せて枕元においておきます。

そして、あとは音声に従っていくだけです。

いきなりブリッジしろみたいな無茶な指示はありません。

力を入れたり抜いたりしたり、意識をいろんなところに向けたり鼻で呼吸したりするだけです。

とても簡単すぎて、前半くらいまでは、ほんとにこれでいいんか?って思います。でもstudio yoggyと私を信じて最後までやってみてください。

実際にやってみた効果

私がいつもやっている「リラックス」の音声では、前半に「力を抜く」フェーズ、間に「決意を自分に言い聞かせる」フェーズ、最後に「全身に意識を巡らせる」フェーズがあります。

半年以上このアプリにお世話になっていますが、ぶっちゃけ「決意を自分に言い聞かせる」部分の効果はまったくわかりません。雰囲気でやっています。

でも、「力を抜く」ことと「全身に意識を巡らせる」ことで、なにか別のことはあんまり考えずに、体がなんとなく布団に沈み込んでふわふわしてるな〜っていう感覚に意識を全振りしてるという感じが味わえました。

ただ、この「体がなんとなく布団に沈み込んでふわふわしてるな〜っていう感覚」にたどりつく前に寝てしまうこともかなり多いのですが、それはそれで次の日の目覚めもいいので、よい結果だと思っています。

あまり気負わずやる、というところにポイントがあるかなというのが私の考えです。

「ヨガニドラー」という瞑想を体験できる

「ヨガニドラーってめっちゃリラックスできて、1時間で4時間睡眠分疲労回復できるんだって!」と聞くと、なにそれすごいやらなきゃ損って思いますよね。

でも何の助けもなしにやろうとすると、「全身のちからを抜くってどうやるん、自分を…開放?」ってなります。むしろ初心者が自力でできたらそれはヨガマスターじゃないですか?

それが、音声を聞くだけで簡単に体験できるし、なんなら結構効果も感じれちゃってしかも無料なので、ほんとにすごいなと思っています。

リラックス効果

私、ヨガのリラックス効果とかあんまり信じていなかったんです。

だって、あの「ワシのポーズ」とかあるじゃないですか。あれと瞑想とか全然結びつかないし、心の安定と安らぎの前に太ももが悲鳴を上げそうとか思っていました。

だけど、「寝たまんまヨガ」は仰向けで寝るだけでいいし、動きも無いから「瞑想」って言われてイメージがつきやすかった。

しかも、やってみたら1回目から不思議な感覚ですんなり気持ちが落ち着いたんです。

不安が払拭されるとか、問題が解決されるといったようなことではなくて、今この瞬間、この気持いい感覚だけ感じていて、他のことを一切考えていないという時間がとても落ち着くものでした。

なんとなく言葉じゃ表しづらいので、ぜひ体験してみてほしいです。

深い睡眠が得られる

「ヨガニドラー」をすることで、自律神経が安定するらしいです。

こればっかりは、グラフで数値を見て、なんて簡単にはできないので感覚でしかないのですが、「寝たまんまヨガ」を使って寝た日は夢を見ませんでした。

夢を見ないというのは、深い眠りについているからだと聞いたことがあります。

また、夜中目がさめることがなく、朝すごくスッキリ起きることができます。

これは、本当に画期的でした。

アロマを併用すると最高

私は、このアプリを使うときに、必ず「アロマ」を併用しています。

よりよい睡眠を取るために、リラックス効果を高める狙いです。

私がつかっているのはこちら

なにしろ手入れが簡単。水を使うディフューザーや加湿器で怖いのはカビなどの汚れ。このディフューザーは蓋が完全に外れるので丸洗いできて衛生的です。

ろうそくなど火を使うものだと、眠る時は危険ですし、こういった電気のものがいいと思います。

眠るときに効果的なのはラベンダーやゼラニウムなどの落ち着く香りです。

でも眠るときに睡眠にいいからといってあんまり好きじゃない香りをかぐと逆にストレスになるので、自分が好きな香りを使うのが一番だと思います。ぜひ試してみてください。

瞑想を簡単に体験したいなら試してみて

座禅を組んで行う瞑想はまったく無理だった私が、このアプリを使うことで、一回ですごくリラックスした時間を過ごすことができました。

ポイントは、寝ながら聞くだけだし、タダだし、まあ一回やってみるか〜くらいの気軽な気持ちでやることだと思います。

アプリを使って寝ても、寝なくてもいい効果しかないのが魅力です。

もしどうしても眠れないときは、思い出してみてください。

この記事を書いた人
きぬたなお

在宅勤務を夢見るフツーの会社員。ブラックすぎる企業から転職して天国のような職場で働いています。多趣味すぎてあっちこっち手を出すものの、たいてい三日坊主。あと美味しいものに目がない。

きぬたなおをフォローする
ライフハック
スポンサーリンク
omulife