ラロッシュポゼの日焼け止め「プロテクションミスト」は持ち運びにぴったり

美容

夏になると怖いのが日焼け。

肌が紫外線に晒されると、何が起きるか知っていますか?

「日焼け」とひとことで言っても、肌に様々なダメージが加わりたくさんのトラブルが起きます。

今日はそんな日焼けを予防する、日焼け止めについてお伝えします。

スポンサーリンク

日焼けの恐ろしさ

「日焼け」は肌が焼けると書きますが、実際にどんなことが起きているか知っていますか?

肌が焼けるのですから、悪いことが起きているというのは明らかですよね。

wikipediaを見てみると、以下のように書いてあります。

日焼け(ひやけ)とは、紫外線を皮膚に浴びることにより、皮膚が赤く炎症を起こす急性症状(サンバーンsunburn)と、メラニン色素が皮膚表面に沈着すること(サンタン sun tanning)である。

wikipedia より)

…恐ろしいですね。

肌が炎症を起こし、色素が沈着。普段から肌に気を使っている身としては、絶対に避けたいです。

そして、日焼けをすると、肌に以下のような異常が起きます。

  • 肌のバリア機能の低下
  • 過剰な防御機能を引き起こす
  • 肌が衰える
  • 細胞が破壊される

これによって、現在だけでなく将来的にも肌にトラブルが起きるのです。

ただでさえ年をとったら肌が衰えてくるのに、日焼けをしたら衰えを加速させてしまう…。

絶対に日焼けは防ぐべきです!

日焼け止めの種類と使い分け

日焼けを防ぐのに効果的なのは「日焼け止め」です。

日焼け止めを選ぶとき、私が基準にするのが「タイプ」と「SPF」「PA」です。

日焼け止めのタイプ

日焼け止めには以下の種類があります。

  • クリームタイプ
  • 乳液タイプ
  • ローションタイプ
  • ジェルタイプ
  • スプレータイプ
  • パウダータイプ

それぞれに良い点と悪い点があります。

また体用、顔用などと書いてあるものもあるので、自分にあうものを探してみてください。

私は、化粧前に下地として使うのはクリームタイプ出先で塗り直しに使うのはスプレータイプです。

「SPF」と「PA」とは?

一般的に、日焼けの原因となる紫外線にはUVAとUVBという波長の違う2つの種類があります。

UVAは表皮層を越えて、肌の奥まで作用し、UVBは表皮層に作用します。

このUVAを防ぐのが「SPF」、UVBを防ぐのが「PA」です。

これについては、資生堂のサイトに詳しく書いてあるので、参考にしてください。

SPFとPAの違いって? 賢い日焼け止めの選び方
日焼け止めでよく見る「SPF」や「PA」って何が違う?日焼け止めを選ぶ基準は?利用シーンや肌タイプなど、より効果的に日焼けを防ぐための賢い日焼け止めの選び方をご紹介します。【アネッサ(ANESSA)」公式サイト】

ラ・ロッシュ・ポゼの「プロテクションミスト」の特徴

今回、私が実際に使ってみておすすめするのは、ラ・ロッシュ・ポゼの「プロテクションミスト」です。

敏感肌の人でも使えるスプレータイプの日焼け止めで、直接顔にスプレーすることもできます

SPFは50、PAは++++なので、かなりしっかりと効果がありますが、使い心地は軽くてとても気に入っています。

出先に持っていきやすいサイズで、鞄の中に必ず入れて持ち運んでいます。

日焼け止めって、クリームタイプだと結構重かったり大きかったりと、邪魔になることが多いんですよね。

しかも、手で塗るタイプは、化粧の上から塗るのは難しいし、ベタベタするし、衛生面を考えると使う前と後に手も洗わなきゃいけない。外出先で塗り直すのには向いていません。

この「プロテクションミスト」は化粧の上からでもスプレーできますし、顔や服が白くなることもありません

スプレーした後に手で塗り広げる必要もないので、手が汚れないというのもいいところ。

さらに、ベタベタしないので、上からパウダーをつける必要もないんです!

外出で使うのに、もう「プロテクションミスト」以外は考えられません。

それから、私は日焼け止めの「肌に蓋してまーす!肌は息できませーん!」って感じがとっても苦手だったんです。

だけど、「プロテクションミスト」はすごく軽いので、あの独特の重さがありません。

何度スプレーしても、違和感なく過ごせます!

ひとつ注意したいのが、「香り」です。

ラ・ロッシュ・ポゼの商品独特の香りがついています。

私はいい香りに感じてあまり気になりませんが、常に無香料を使っている方は少し気になるかもしれません。

日焼け止めを塗り直すタイミング

私は、外出する際に日焼け止めを2時間おきに塗り直します。

室内で1日過ごす時は、化粧直しのタイミングで1回です。

汗をかく量だったり、その日の服装にもよりますが、2時間おきに塗り直すのが理想です。

日焼け止めは1年中必要です!

紫外線は、季節や天気関係なく、1年中空から降り注いでいます。

肌を守るため、日焼け対策は休むことなく行いたいものです。

でも、何度もクリームタイプの日焼け止めを塗り直して、化粧も直して、なんてやっているのは面倒すぎて続きません。

スプレーをシュッとするだけで完了する手軽さはとても魅力です。

ラ・ロッシュ・ポゼの「プロテクションミスト」は1年間通して私の必需品です。

この記事を書いた人
きぬたなお

在宅勤務を夢見るフツーの会社員。ブラックすぎる企業から転職して天国のような職場で働いています。多趣味すぎてあっちこっち手を出すものの、たいてい三日坊主。あと美味しいものに目がない。

きぬたなおをフォローする
美容
スポンサーリンク
omulife