激安スマートバンド「Mi Smart Band 4」を1ヶ月使ってみたら最高だった!

ガジェット

最近、スマートウォッチをつけてる人を見かけることが多くなってきました。Apple Watchをつけている人をみてうらやましいなと思う反面、あれほど高価かつ高機能なものは必要ないな…と思っていました。

できれば安くて、コスパが良くて、それなりに機能もついてて、軽くて、女性がつけていても大げさではないスマートウォッチが欲しい!でもそんな都合のいいものがあるわけない…と思うじゃないですか。あるんですよね。

それがこちら。

今日はこのMi Smart Band 4の魅力と、1か月使ってみてめちゃくちゃ良かったので、その感想をお伝えします!

スポンサーリンク

Mi Smart Band 4とは?

中国の家電メーカー「Xiaomi」から発売されているスマートバンド「Mi Smart Band 4」。Xiaomiの正式な日本進出に伴い、日本では「Mi スマートバンド 4」という商品名で売り出されています。

一言でいえば活動量計( アクティブトラッカー )。歩数や心拍数を中心とした様々な活動を記録してくれます。

でも、Mi Smart Band 4ができることはそれだけではありません。

Mi Smart Band 4ができること
  • 時計機能
  • 歩数の記録
  • 心拍数の記録
  • 睡眠の記録
  • スポーツ時のトラッキング
  • 天気予報表示
  • 着信やSNS、アプリの通知
  • 座りすぎ警告
  • スマートフォンの音楽操作
  • 振動によるアラーム通知
  • タイマー
  • ストップウォッチ
  • リマインダー通知
  • スマートフォンから音を出して探す

こんなにもたくさんのことができるのに、なんと、驚くべきことに、値段はたったの価格は3603円!(筆者購入時)なんです!!ここまで機能がついててこの値段…ちょっと信じられません。

梱包されているのは、本体、バンド、説明書、充電器、充電ケーブルです。

ちなみにスペックはこんな感じ。

液晶サイズ0.95インチ
解像度20 x 240ピクセル
カラー有機EL
Bluetooth5.0LE
連続使用時間20日
充電時間1時間
バッテリー135mAh
搭載センサー3軸加速度センサー
3軸ジャイロ
光電式心拍センサー
防水機能5気圧防水
重量22g
付属バンド 24.7cm (調節可能域 15.5cm~21.6cm)

Mi Smart Band 4のつけ心地は?

かなり軽くて、付属バンドはゴムでできているので、腕に負担がまったくなく、つけているのを忘れるほど。本体の大きさも小さく、それでいて液晶がカラーではっきりしているので全く苦になりません。

実は私、普段から腕時計やブレスレットをまったくつけません。というのも、普段の仕事でずっとパソコンを使っているのでキーボードを叩いていると腕につけているものが引っかかったりぶつかったりして落ち着かないからです。でも、このMi Smart Band 4はその軽さと素材のおかげでパソコンを使っているときも全く気になりませんでした

そして、嬉しいのが防水機能。バンドの隙間に汚れが溜まるのが嫌だし、いくら防水とはいえ少し不安だから、私はつけたままお風呂に入るのは控えています。でも、日常の食器洗いや手洗いのときはつけたまま。少々水がかかってもまったく問題ありませんでした

先程も言いましたが、付属のバンドはゴムでできていて色は黒。最初は女の私が持つには黒のゴムバンドはちょっとなあ…と思っていました。他にも様々なデザインのバンドが売られているので、一度つけてみて気に入らなかったら新しく購入しようと考えていましたが、実際つけてみると腕にしっとり馴染み、見た目も主張がなく、オフィスでつけていてもほとんど気づかれないほどでした

あまり目立たせてつけたくはなかったので、付属のバンドで十分満足でした。ただ、オシャレ感はないので、ファッション的な観点で行けば、いろいろなバンドを気分に合わせて付け替えるのもいいと思います。

Mi Smart Band 4を実際に1ヶ月使ってみた

Mi Smart Band 4を1ヶ月(31日間)、お風呂以外のときはずっとつけていました。

記録していたデータは「歩数」「心拍数(10分毎)」「睡眠」。使用していた機能は「アラーム」「スマートフォンのLINE通知」「座りすぎ通知」「時計」「スマートフォンを探す」です。

それぞれ細かく見ていきます。

※前提として、私はMi Smart Band4とスマートフォンをBluetooth連携させて使用していました。スマートフォンと連携しないと使えない機能もあるので注意してください。連携に使うアプリケーションは「Mi Fit」です。

Mi Fit - Google Play のアプリ
Mi Fit はアクティビティの記録、睡眠の分析、ワークアウトの評価を提供します。たくさんのビデオチュートリアルがあなたのモチベーションを高め、より健康で充実した生活習慣を築く手助けをします。 • 多数のスマートデバイスと連動 Mi Band、Amazfit Bip、Mi 体組成計、Mi 体重計、Amazfit Pa...
‎Mi Fit
‎Mi Fit はアクティビティの記録、睡眠の分析、ワークアウトの評価を提供します。たくさんのビデオチュートリアルがあなたのモチベーションを高め、より健康で充実した生活習慣を築く手助けをします。 • 多数のスマートデバイスと連動 Mi Band、Amazfit Bip、Mi 体組成計、Mi 体重計、Amazfit P...

Mi Smart Band4 で歩数を記録

Mi Smart Band4は歩数を記録することができます。目標を設定することができ、私は毎日「8000歩」を目標にしていました。今までも歩数はスマートフォンのアプリで測定していましたが、Mi Smart Band4はディスプレイに常に現在歩数が表示されるように設定できるので、いつも現在歩数と目標を意識することができました。

結果、スマートフォンで歩数を測定している時より目標達成率は大幅に上がりました。

ただ、一度ネイルをしているときに、爪を乾かそうと手を振っていたらいつのまにか5,000歩ほど追加になってしまっていたことがありました。手の振りを敏感に歩数としてカウントしてしまっているようです。敏感さは◎ですが、正確さという点では微妙なところです。

Mi Smart Band4で心拍数を10分毎に記録

Mi Smart Band4では、心拍数をどのくらいの間隔で計測するか選ぶことができます。1分、5分、10分、30分から選ぶことができるので、私は10分間隔に設定していました。

今まで、自分の心拍数というのを常に意識したことはありませんでしたが、Mi Smart Band4が10分毎に計測してグラフ化してくれるので、一日の中でいつ心拍数が高くて、いつ低いのかというのが一目瞭然になりました。

Mi Smart Band4本体の裏側にセンサーがついています。

ちょっと体調が悪くて熱っぽい時や、階段を登ったあとはかなり高く、寝起きや安静時は低いなどと、自分の心拍数の調子を見ることができました。

調べてみると、寝起きの心拍数は低いほうがよく、運動時は心拍数をある程度上げる方が健康に良いなどと、体の健康や調子と心拍数が密接な関係であることがわかりました。

Mi Smart Band4で心拍数を常に計測することで、健康管理にも役立ちます。

Mi Smart Band4で睡眠を記録

私が一番使いたかった機能はこれです!Mi Smart Band4を使って、毎日の睡眠を記録しました。

詳しくはこちらの記事を御覧ください。

激安スマートバンド「Mi Smart Band 4」を使って睡眠をトラッキングしたらQOLが爆上がりした
日々の生活を充実させるのに、重要なのが睡眠。私達が眠っている時間は人生の3分の1を占めます。睡眠が充分に取れる...

Mi Smart Band4のアラーム機能

私は、毎日仕事の昼休みに15分くらいオフィスで昼寝をします。机に突っ伏して寝ているのですが、大きな音でアラームをかけるわけにもいかないので、いつもオフィスに人が戻ってきた雰囲気を察知して起きていました。

Mi Smart Band4のアラームは音が鳴らず、振動で教えてくれます。腕に直接振動が伝わるので、寝ていても振動を感じ取ることができます。

仕事中でも、時間を決めてやりたいときや打ち合わせの予定など、大きな音でアラームを鳴らせないときにとても役立ちます。

アラームの設定はスマホで行うことができます。

似たような機能で、予定通知機能もあります。こちらはスケジュールを登録すると同じように振動で通知をしてくれます。

Mi Smart Band4のスマートフォン通知機能

Mi Smart Band4とスマホを連携すると、スマートフォンの通知を振動と画面表示で教えてくれます。

通知の種類は「着信」「Mi Fit」「Line」「Instagram」「Twitter」「Youtube」「カレンダー」「その他(ダウンロードしている他のアプリ」「SMS」「メール」から複数選ぶことができます。

あまり通知が多くても煩わしいので、わたしはLineの通知のみ有効にしています。

Mi Smart Band4の液晶に、「送り主の名前」「メッセージ」が表示されます。画像等は表示されないので「画像が送信されました」「スタンプが送信されました」等と文字で表示されます。

Lineの通話通知も問題なく通知されました。

仕事中なかなかスマホを触ることができませんが、Mi Smart Band4への通知なら時間を確認するような動作でLineの通知を確認できます。緊急の連絡が来ても見逃すことがありません。

Mi Smart Band4の座りすぎ通知機能

Mi Smart Band4には座りすぎを検知して通知してくれる機能もあります。しかし、この機能はあまり正確ではありませんでした。

一定時間座っていると「長時間座りすぎています」という表示とともにMi Smart Band4が振動します。

オフィスでコピー機のところまで歩いたり、階を移動したりしても座って数分で座りすぎ通知が来ることもあれば、ずっと座っていても全然通知が来ないこともありました。

この機能は大まかな目安にしかならず、数少ない残念ポイントの一つです。

Mi Smart Band4の時計機能

当たり前かと思いますが、Mi Smart Band4の時計機能を毎日使っていました。

手首を持ち上げたときに時計などのディスプレイへの表示をオンにする機能を有効にしているので、普段は真っ暗なディスプレイが、時間を確認しようとすると点灯します。

また、ディスプレイのデザインも色々な種類がデフォルトであり、スマートフォンと連携すると簡単に表示を変えることができます。その日の気分によって毎日違う時計をつけているような気分が味わえます。

Mi Smart Band4のスマートフォンを探す機能

意外と便利だったのがMi Smart Band4のスマートフォンを探す機能です。

Mi Smart Band4から「端末を探す」を選択すると、スマホから音と振動が発せられ、布団の中やソファの隙間に隠れてしまっているスマホを見つけることができます。

私はよく家の中でスマホをなくすので、非常に便利でした。

Mi Smart Band4のいいところ

Mi Smart Band4の良い点はたくさんあります。でもやはり一番は高機能で安価なところ。これだけのことができて3603円(筆者購入時)というのはお手頃過ぎます。

さらに、充電が20日も保ちます。私も購入してから毎日つけていますが、1ヶ月で充電は1回だけ。自動液晶点灯や歩数の計測、10分おきの心拍数の計測を行っていても余裕で20日保ちます。

また、iPhoneのアプリケーション「ヘルスケア」とXiaomiのアプリケーション「Mi Fit」を連携させることであらゆるデータを一つに集約できます。これについてはまた他の記事で詳しくお伝えしたいと思います。

Mi Smart Band4は初心者にもこだわり派にもおすすめ

ここまでたくさんMi Smart Band4のことを語ってきましたが、まだ使用期間は1ヶ月。使いこなせていない機能がまだまだあります。

これからも毎日Mi Smart Band4をつけて、自分の体と健康を管理していきます。

ぜひ皆さんも一度使ってみてください!

この記事を書いた人
きぬたなお

在宅勤務を夢見るフツーの会社員。ブラックすぎる企業から転職して天国のような職場で働いています。多趣味すぎてあっちこっち手を出すものの、たいてい三日坊主。あと美味しいものに目がない。

きぬたなおをフォローする
ガジェット ライフハック
スポンサーリンク
omulife